顔汗対策にはこれ@評判の人気ケア商品

このサイトでは顔汗が止まると評判の、顔汗対策グッズをランキング形式でまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

顔汗対策に評判の人気ケア商品ランキング

対策商品NO1.サラフェ

01通勤時の電車や面接などで顔が汗だくになってしまった経験はありませんか。
何とかしたい顔の汗、そんなときは「サラフェ」による対策が効果的です。

サラフェの特徴はこだわりの3ステップ。まず、吹き出る顔汗を速攻ブロック、サラサラを一日キープします。
これは効果が認められている薬用成分が毛穴から出る顔汗にギュッと吸着。汗が流れないようにします。
さらに植物エキスが肌と毛穴を整え、一日中ずっとサラサラな状態を保ちます。

また、発汗を抑制するため高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合する事により、発汗量を著しく減少させます。次に女性特有の悩みである「ゆらぎ」に対してバランスを整える働きが期待される和漢シャクヤクエキスをたっぷり配合。

香りのよいアロマ成分がココロとカラダをリフレッシュ。
心地よいリラックスを届けます。

最後に皮脂を抑えてテカリをブロック。
肌は紫外線やストレスの影響で過剰に皮脂が分泌されてしまいます。そこで茶エキスとワレモコウエキスの効果で肌を清潔に保ち、一日中すべすべな肌にします。

サラフェのオススメポイント

そしてオススメのポイントとして、たっぷりの天然植物エキスにより顔汗を対策してくれるだけでなく、敏感肌にも安心して使えるように合成香料や着色料などは一切配合していません。さらに顔汗対策だけでなく、顔汗が気にならなくなった人が多くいます。顔汗対策にはこの「サラフェ」を試してみてはどうでしょうか。

サラフェの口コミ情報

自律神経からの顔汗に悩んでいました

ƒvƒŠƒ“ƒg自律神経が弱く、ふとした時に一気に汗をかいてしまいます。ホルモンバランスの乱れが原因なのは分かっているのですがかなり悩んでいました。身体の汗はなんとか誤魔化せるのですが、顔の汗は誤魔化せません。メイクはボロボロでメイクを直しすぎて厚化粧に…なんて事もしばしばでした。そんな時サラフェに出会いました。洗顔後の対策で、こんなに顔汗が軽減されるなんて驚きました。これからもリピします。

効果にびっくりしました!

ƒvƒŠƒ“ƒg私は小さい頃から緊張すると顔に汗をかいてしまいます。それが嫌で嫌でたまりませんでした。それは大人になっても続き、仕事の面でも悩みの種でした。お客様と接する職業なので汗はマイナスの印象を与えてしまいます。サラフェは雑誌で知り、ダメもとで試してみました。対策の効果はビックリするくらい実感できました!ありがとうございました。

サラフェを使うようになって、コンプレックスが無くなり、自分に自信が持てるようになりました。

ƒvƒŠƒ“ƒg多汗症で季節を問わず緊張しただけで顔に汗を大量にかいていたのですが、サラフェで対策することで汗がかなり抑えられました。
接客業をしているので、顔に汗をかくのがコンプレックスだったのですが、サラフェを使うようになってから、汗で自信をなくす心配がなくなりました。
汗をハンカチでふき取っても、次から次へと汗がかいていたのですが、サラフェで対策するとピタッと止まりました。なんといっても嬉しかったのが化粧崩れをしなくなった点です。

ファンデーションでドロドロだった顔が、ずっとサラサラな肌でいられるのが良いですね。

これからも一年を通して使い続けようと思います。

毎日の悩みがなくなりました!

ƒvƒŠƒ“ƒg友達のを1度借りて、使ってみてすごくよかったので今回購入しました!私はもともとすごく汗っかきで、朝のばっちり化粧も出勤途中にはすでに額のあたりがむわ〜っと湿っていて、会社に着くころには1回目の化粧直し。
もちろんお昼前にも化粧直し…とかなり頻繁に化粧直しをしなければいけなかったんですが、このサラフェを使うと、朝から昼までサラサラ!通勤時も午後も化粧は持続します。それだけじゃなく、なんと夕方まで!前までパウダーファンでを上塗り繰り返していたのが嘘みたいです。ファンデーション代も浮くし、いいことずくめです♪

通勤前にぴったりです!

ƒvƒŠƒ“ƒg私は毎日中央線の満員電車で通勤しています。
朝の通勤電車は汗かきの私にはかなりつらい空間で、そして会社につくころにはほとんど滝汗で、職場ではマラソンしてきたの?のような状態で更衣室でまた再メークが必要になっていたのですが。サラフェで対策を初めてからはかなり良くなっています。滝汗から、小川汗ぐらいにはなってますよ!

顔汗止めるオススメの7つの対策方法

対策方法その1.首回りを冷やす

肌顔汗がふき出しているとどうしても顔の表面を冷やしがちです。

冷たいタオルなどを当てると皮膚の表面は冷たくなりますが、体の内側からのほてりなどがとれるわけではないので、汗が止まったとしても一時的な処置になってしまいます。

体の内側から冷やすと言う時に有効なのが、首に通っている頸動脈を冷やすこと。
体中を循環している血管の中で特に首回りは薄い皮膚のすぐ下に、そうした太い血管があるので、冷やしやすいのです。冷やす方法としては日中などは体を動かす際の利便性を考えて、夏場に熱中症対策用に市販されているネッククーラーなどを使用するなどの方法があります。

ワンポイント!

真夏でとくに外気温も高い際には、水に濡らして冷やすタイプと、凍らせてより強力に冷やすタイプを使い分けると良いでしょう。

首の真後ろを特に重点的に冷やすように、冷却ポイントを持ってくるようにすればさらに効果的です。
寝ている際や体を横にできる時などは、より強力なアイスノンなどの枕型の冷却用品を使ってみても。
その際も首回りによりフィットするように、ジェル使用などのより柔らかいタイプのものなどを使うと効果的です。

ただし、枕型タイプで長時間冷やし続けると、首回りの筋肉も冷やしすぎる危険もありますので、ほどほどに使用することが大事です。

対策方法その2. 顔汗をこまめに拭く

57出先で顔から汗が大量にふき出すときほどあせって、むやみにハンカチなどでこすったりしがちですが、かえって逆効果になりがちです。

特に固い素材のハンカチなどで、力を入れてこすると。
まるで顔の表面を乾布摩擦したような効果になってしまい、ほてってきたり熱を持ったりしてしまいます。

そうならないためには、まず外出の際には手洗い時に使うハンカチとは別に柔らかく吸収性の高い顔拭き専用のハンカチやタオルを用意するようにしましょう。
ガーゼタオルのような顔当たりも柔らかく吸収性が高いものが望ましいです。

次に出先で汗がふき出してきたら、その顔拭き用のハンカチで、上からそっと押さえるように汗をふきましょう。
ハンカチを上下左右に動かしてワイパーのように拭いてはいけません。

ワンポイント!

顔汗がふき出している時は、体が汗を出して体内を冷やそうとしている場合が多いもの。
汗はこまめに拭きとり、できれば、顔拭き用のハンカチを二枚用意して、一枚は乾いたまま、もう一枚は水に濡らして固く絞り、乾いたハンカチで汗を拭きとったあと、濡れたハンカチで皮膚の表面をさっとなでるようになるべく広範囲で拭いて見て下さい。

薄い水の膜から気化熱効果で体内の熱が発散されますので、顔のほてりがだんだん引き始めます。濡れたハンカチで仕上げに拭くことで汗のにおいを消す効果も期待できます。

対策方法その3. 制汗剤を使う

08制汗剤というと、脇の下などに使うスプレーや塗布するタイプ、シート状のものなどしかなかったので、それを顔にも転用していた人も多いと思います。
ただ、脇の下の皮膚などに比べて顔の皮膚はより薄くデリケートなものなので、脇の下に使っても何も問題はなかった人でも顔に使った際は真っ赤になってほてりがでてくるようになったとか、ヒリヒリ痛いとかの副作用が出てしまう場合が多々あります。

皮膚の薄さもありますが、脇の下は直射日光にさらされることはあまりありませんが、顔の皮膚はどうしても紫外線などの刺激を受けますので、そういう思いがけない事態に陥ってしまうことがありがちのようです。

ワンポイント!

最近では顔汗の悩みを抱えた女性向けにジェルタイプのメイク下地になる制汗剤や、シートタイプのものも数多く販売されています。より爽快感を引き出すためのメントール効果のあるものや、ミントや石鹸、花の香りなどの付いたリフレッシュ効果のあるもの、化粧のにおいと混ざらないように無香料タイプのものなどや、エタノールなどのアルコールが含まれているものや、より低刺激仕様としてアルコールフリーのものなど様々なタイプがありますので、ご自分の皮膚のタイプや用途に合わせて選ぶといいでしょう。

対策方法その4. つぼを押す

09ふき出した汗をなんとかする、といった後からの対処方法ではなく、もっと事前にできる対策ケアがあればやって見たいという人にお勧めなのが、顔汗の対策に効果があるツボを押す方法です。

一般的に「ツボ」といわれるものは漢方医学でいうところの「経穴」で、気と血の通り道とされている経路上の重要な分岐点や作用点にあたるところとされています。

人間の体にはこの経穴が数多く存在し、それぞれの経穴を刺激することで脊髄などに伝えられた信号が末端のそれぞれの機能に働きかけて正常な役割を果たすようになるとされています。

実は汗の作用をつかさどる経穴、つまりツボももちろん存在します。
中でも良く知られているのが脇汗と顔汗対策に関するツボです。

このツボは昔から知られた存在で、たとえば京都の舞妓さんたちが酷暑の京都でも顔の化粧を崩さずに立ち居振る舞えるように、着物の着付けをする際に男衆と言われる専門の人に大変きつく帯を締めてもらうのは、もちろん着くずれしないためという目的もありますがきつく締める事で顔汗対策のツボを刺激して汗が出ないようにする効果も狙っていると言われています。

ワンポイント!

顔汗対策のツボの場所は複数個所ありますので、自分が覚えやすく普段刺激してやりやすいツボを覚えてこまめに押してやるのも良い方法です。

対策方法その5. ミョウバンを使う

12ケミカル由来の制汗剤ではなく、より体に優しい自然由来の制汗剤が使いたいと言う方は、「ミョウバン」を使った制汗剤を自分で作ってみるのも良い方法です。

「ミョウバン」とは一般的には染色の際やナスなどの漬物を作る際により目に鮮やかな色を出すための安定剤として使われたりしているものです。
100円ショップや、スーパーなどの漬物用調味料などの売り場でも購入できますが、より純度が高い医療用のものを使いたい方は薬局などで、エタノールや精製水、グリセリンなどが置いてある売り場などに置いてある場合が多いです。

このミョウバンを制汗剤として使用する場合は、焼きミョウバンを直接脇の下などに塗る方法もあるようですが、顔汗対策にはこの方法は使えませんので、ミョウバン水を作って、スプレー容器に入れて、一般的な制汗スプレーのように使用するのが手軽です。

ワンポイント!

この際ミョウバンを溶かすのも水道水を使うものから、より殺菌消臭効果のある緑茶を使用するもの、蒸留水や精製水を使うものなどいろいろなタイプがあります。

冷蔵庫などで保管して使う人が多いようですが、手作りである以上市販品のような防腐性はないので、早めに使いきれる分量ずつ作るのが大切です。

対策方法その6. 漢方薬を使う

10体質を改善して顔汗を対策する目的で漢方薬を服用してみる方法もあります。直接「顔汗」にピンポイントに絞った漢方薬はないようですが、「多汗症」体質を改善していく漢方薬を服用することで、体全体の汗の量のコントロール、ひいては顔汗のコントロールにつなげていく方法があります。

市販されている漢方薬もありますが、なるべくでしたら、きちんとカウンセリングを受けて処方してもらえる漢方薬局で買い求める方法がいいでしょう。

一般的に「多汗症」といってもその原因自体が人によってまちまちなので、市販品では万人に効くようには作ってありますが、あなた個人の症状にぴたりと当てはまって効くとは限らないからです。

カウンセリングしてくれる漢方薬局では、あなたの「多汗症」が何の原因で引き起こされていて、そのために不具合が出ている体の部位はどこか、その改善のために効く漢方薬は何か、という順番であなた個人の症状や状態にあった漢方薬を処方してもらえますので、時間や手間は多少かかったとしても根本的な改善のためにはかえってショートカットになります。

ワンポイント!

漢方薬は西洋医学の薬のように速攻性はあまりありませんので、根気強く治療することも大切です。

対策方法その6. 生活習慣を見直す

11汗をかく、ということが人間が生きる上で欠かせない生理現象の一つである以上、顔汗をかきすぎる、というのもその生理現象をつかさどる体全体の不具合から来ている可能性があります。

食育と言う言葉が浸透しはじめていますが、正しく「食=食べること」が体を健やかに保つ上で重要なポイントです。

顔汗で深刻に悩んでいる人は一度ご自分の食生活を見直してみると良いかもしれません。
特に一緒に暮らしている家族の中であなただけがひどい顔汗に悩まされている場合は、自分だけが摂取している、もしくは他の家族より多く摂取しているものに原因があるかも。

例えば脂質を多くとりすぎる、香辛料のきいた刺激の強い料理やスナック菓子を好んで食べる、野菜をあまりとらない、アルコールの過度の摂取などに思い当たるふしがある場合は、薬や制汗剤などだけではなく、食生活全体を見直さないと根本的な解決には結びつかない可能性が高いでしょう。

ワンポイント!

また、肥満体質の人は、体温調整の面などからもより汗を多くかきやすいとはよく言われています。
自身の食事を見直して、より健康的な生活に改善していくことが顔汗の予防と対策の最善策かもしれません。

顔汗の間違った対策方法

汗をかくのは、上昇した全身の熱がこもったりしないために、体温を下げる機能が働いて起こります。
本来この体温調節には全身に起こりうる現象なのに、顔にだけ汗が集中してかいてしまうことがあります。

顔汗は身体の汗とは違い、ドロドロしていて、見た目にも不快感を与えてしまいかねません。
汗をよくかく方は、汗をかかないようにと、涼しい部屋を好む傾向があり、冷房がきいた部屋にいたり、最も汗をかく運動を避けて生活をしている可能性があります。

冷房のきいた部屋に長時間いる

ですが冷房のきいた部屋に長時間いつづけたり、運動をしないでいると、汗腺の働きが衰えてしまい、汗をかく機能がおやすみモードになり、顔にばかり汗をかいてしまう体質になってしまいます。

汗をかくことを避けて涼しい部屋にいたり運動を避けた生活は、間違った習慣でかえって顔に汗をかいてしまうので要注意です。

水分の摂取を控える

また汗をかくのは水分の摂りすぎだと思われがちですが、水分の摂取を控えたからといって顔汗対策には、あまり効果はありません。

むしろ水分の摂取を控えるのは、命の危険性もあるので注意が必要です。
日頃から、冷房で体温を下げるのではなく、屋外の風や扇子などで体温を下げる習慣を身につけることが大切です。